2009年09月24日

ホームレス女性達が作った布ナプキン

先日のTOKYOメディフェスが行われた東京ウィメンズプラザの中にパッチワークという小さな雑貨のお店があります。
ピープルツリーやネパリバザーロなどのフェアトレード商品がおしゃれに並んでいるので、今年の秋冬物をウキウキとながめていたのですが、その中で、ちょっと下手につくったような布ナプキンを見つけました。
PICT1089.JPG

袋から出したところ↓
PICT1088.JPG
ホームレスの女性グループ「ノラ」が製作してると書かれています。
以前読売新聞に掲載されていて気になっていたのですが、見つけてしまいました。
生地はオーガニックコットンを使っていて、古着から作った羽つきタイプのハンカチ型のナプキンですね。別にミニナプキンもついてこのセットで1200円です。

男性の方はわからないかもしれませんが、ショーツにスナップでパチッと固定して、使うタイプの布ナプキンなんですね。

パッと見た感じはステッチと古着の羽がポイントでかわいいです。
生地もやわらかくて肌触りはいい感じ。

ただよーく見ると、2枚合わせにしてる生地の切り方が雑で、玉止めや玉結びも外に飛び出しているし、そもそもステッチの縫い目が大き過ぎて、洗ったらほつれそうな気が。。。

あと、三つ折りなのですが、折ってる幅が広すぎるー。
こんな幅広のパンツないよ〜。

素晴らしい活動だし、せっかくいい材料を使っているのに、これではもったいない〜!というのが感想です。

手縫いなのはもちろん構わないのですが、手縫いでももっと細かく丁寧に作って、サイズも考えて、質の高い物ができれば、もっと売れるんじゃないかなー。

それもホームレスの人が作ったからということ関係なく、いい物だからという理由で売れるんじゃないかなぁと思うのです。

その方が作ってる人もうれしいんじゃないかなぁ。。
うまくいけばBIG ISSUEみたいに自立支援になるのでは。
1200円のうち作った人の収入がいくらとかは書かれてないですね。

いろいろ考えさせられますが今後も応援したいブランドです。
とりあえず一度洗ってから、使ってみたいと思います。


応援よろしくです。
ランキング.gif
ラベル:ノラ
posted by まる at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 布ナプキン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

TOKYOメディフェス2009

一昨日は「TOKYOメディフェス2009」に行ってきました。

メディフェスというのは国内の独立系メディアや市民メディア関係者などが集まって、活動の実践報告や情報交換を通して、これからのメディアのありかたを考える、年に一度のお祭りで、今年で7回目だそうです。私は初参加です。

いろいろなメディアにまつわる分科会があったのですが、
私が参加したのは「市民記者・ブロガーのためのCSRジャーナリスト講座〜企業・政府を動かす記事を書こう!〜」。

スピーカーはCSR情報誌オルタナ編集長の森摂さんと、ソーシャルライターで「味(み)海苔の実」のブロガーでもある奥田みのりさんでした。

お二人のお話で印象に残った言葉です。私のメモからなので、一字一句正確ではないですが。

続きを読む
posted by まる at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

世界の児童労働2億人 米報告書


米労働省が強制労働と児童労働に関する報告書を発表したというニュースです。どの国で、どんな労働で児童労働や強制労働が行われているかという内容。
すぐには解決できなくても日本の私たちの元に届いてるものもたくさんあるのでまずは知っておきたいと思います。

記事によると、なんと58か国で強制労働や児童労働、またはその両方によって122品目もの製品が生産されているそうです。。最も多いのが農産物で、工業製品、鉱産物がそれに続くとのこと。

記事の内容を簡単にまとめると、

・児童労働は強制労働より一般的に行われている。
・主な生産物
 農業分野:綿、サトウキビ、タバコ、コーヒー、コメ、カカオ。
 工業分野:れんが、衣料品、じゅうたん、靴。
 鉱工業分野:金、石炭など。(ダイヤもですよね!)

・児童労働で作られ海外に出回っているもの
 アルゼンチンのイチゴ、バングラデシュの靴、ボリビアの金や 銀、カンボジアのゴム、

・児童労働で生産されているもの
 インドでガラス製の腕輪や足輪、革製品、サッカーボール、
 パキスタンでじゅうたん。
 
・ミャンマーでは児童労働と強制労働によってヒスイやチー ク材など14品目が生産されている。

・ロシア、ウクライナ、フィリピン、タイでは子どもたちはポルノ の制作に利用されている。

・「国際労働機関(ILO)の推計によると、全世界で1200万人以上が強制労働を、2億人以上が児童労働をさせられている。その多くは危険 な仕事だ」としている。
全部で58カ国、122品目とのことですからここに挙がっているのはほんの一部でまだまだたくさんあるということですね。

私達が住んでる世界ってなんなんだろうと思ってしまいますバッド(下向き矢印)

途方もなく大きな問題に思えることもありますが、
貿易を通じて私たちの生活につながっている児童労働や、強制労働などの問題は、せっかくつながっているので、つながりを活かして、消費者の声を大きくして、経済のしくみの中でなんとかしたいです。


応援よろしくです。
ランキング.gif
posted by まる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

低価格ジーンズの疑問

本日BSジャパンで放送された「勝間経済研究所」通称カツケン(今日のテーマ「政策提言で社会を変える」)を見ていたらデフレの話をしていて興味深かったので、エコノミストの飯田康之さんと勝間さんのやりとりをまとめてみました。

続きを読む
posted by まる at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

JTから回答、マラウイ 葉たばこ農園の児童労働

先日プラン・ジャパンよりマラウイの葉たばこ農園における児童労働の問題が報道された際、JTに「マラウイの児童労働に関与した葉たばこを仕入れていないか」質問したという記事を9月1日に書きました。

実は一度回答をいただいたのですが、よくわからないところがあったので再度質問して、回答をいただきました。JTからの回答の要旨をまとめると、
続きを読む
posted by まる at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

NHK知る楽仕事学のすすめ:ユニクロ柳井正さん「企業は社会の道具」



言わずとしれた日本最大のアパレル企業、ユニクロを展開するファーストリテイリングですが、この不況のなか、業績好調で、大きな目標を掲げ、海外に店舗を増やし、ジル・サンダーとのコラボ、ディズニー商品の発売と最近次々と新しい話題がでてきてすごいですよね。

今年の6月に放送済みの番組なんですが、そのファーストリテイリング会長兼社長 柳井正さんが企業の在り方について語っている番組を見ました。 NHKの「知る楽 仕事学のすすめ『わがドラッカー流経営論 第4回 企業は社会の道具』」(6月25日放送)です。

この回の柳井さんのお話がとても面白かったので印象に残ったところを下記に抜書きして紹介します。聞き手は勝間和代さんです。
(言葉は多少はしょっているところがありますので、ご了承ください。)

特に印象に残っているのは、2007年からはじめたパートやアルバイトを地域限定の正社員にする地域限定正社員制度の取り組みと、「派遣切りは企業やブランドの価値を損じている、中長期的には損だ」というお話。まったくそうだそうだと大きくうなずいてしまいました。テレビでこういう話がされてるのを他で聞いた事がなかったのですごくインパクトがありました。よく言ってくれたなと思います。

長いですが良かったら読んでください。
--------------------------------------------
勝間さん:
ドラッカーは著作の中で「企業は社会のためにある」ということを繰り返し言ってるが、企業の社会意義について、柳井流にドラッカーを読み解いていただけますか。

柳井さん:
企業ができてから、企業の力がどんどん大きくなっている。
グローバル時代を迎えたら国の力よりも企業の力が大きくなる可能性がある。

勝間さん:
実際にそうですね。
国家予算よりもよほど大きいものを企業が扱っていて影響をだしているという話が多いですが。

柳井さん:
企業のほうの自覚として、企業は社会の公器だと思わなきゃいけないんじゃないかと思います。

勝間さん:
でも企業はお金儲けするところですよね。
社会貢献、社会的意義とどうバランスをとるか。どういう関係性なの。ということがあると思いますが。

柳井さん:
でもね。社会にとって意義がある、社会にとってその企業があったほうがいい、という企業じゃないと生き残れないというのも事実ですよ。

勝間さん:
そうですね。顧客が価値を感じてはじめてお金儲けができるわけですから。

柳井さん:
いかにいい商品売ってても、いかにいいことやってても
社会にとってプラスにならないような、むしろマイナスになるような企業はいらないんじゃないですか。

●ユニクロの社会貢献活動の紹介。3年前からはじめたユニクロの全商品リサイクル活動について。年に3回、店頭で回収して、難民キャンプにに届けています。昨年度、回収したのは134万枚、そのうち状態の悪いものを除いて90%が難民の手に届けられました。

●2007年に導入したユニクロの地域限定正社員制度についての紹介。パート、アルバイト、契約社員から正社員に、2年間で2000人以上が採用された。

勝間さん:
地域限定正社員について、どういう背景で行ってるのか。

柳井さん:
契約社員、パートやアルバイトの方、非常に優秀なんだけど、アルバイト、パートは身分的に安定してないから嫌だ、正社員の方がいいと、われわれのところより条件がよくないのに正社員だからと、ちがうところへ就職していく方がけっこういらっしゃった。それはあまりにもったいない。
それぞれの都合で地域は限定してそれでも正社員としてしたいという人もけっこういらっしゃるんで。それでそういう社員制度をつくろうということになった。

勝間さん:
やってみてどうだったか。

柳井さん:
非常によかった。人の定着率高いし、正社員にすると普通は人件費率が上がるのに、人件費率が下がった。

勝間さん:
それはなぜか。

柳井さん:
正社員だからってことで、先ほどの知識労働者ではないが、もっと効率よくする方法やもっと工夫することないかとみんなが思って一生懸命仕事していったのでは。

勝間さん:
ある意味、知識労働者の反対側にあるのが期間限定の派遣社員ですが、派遣切りの問題についてどう捉えているか。

柳井さん:
やっぱり派遣社員、契約社員を切る前に経営者を切る、管理職を切る

一番弱い立場の契約社員とか派遣社員これね全部切るなら全部切らなきゃいけないが、一番弱い人をまず切るのは経営者としてあるまじき行為。

それが契約だからそれでいい、そういったことを公言する経営者の人が多いんですけど、それはちょっと違うんじゃないか、むしろそういうことを言うこと自体がその企業やブランドの価値を損じてるんじゃないか。と思います。

勝間さん:
厳しくなってくると弱者から切ってしまうということが従業員にわかってしまえば従業員達もやる気が。。

柳井さん:
やる気ないですよ。

派遣社員を全部切ったとしてもまた好況になったらいるんですから。いい人が今度はこなくなるかもしれないし、それ以上に消費者が、いやーそんな企業どうかな、と思うんじゃないですか。
やっぱり一番安易な方法をやったらいけない、と思います。

勝間さん:
そのあとがなくなりますからね。

柳井さん:
あともないですし、なんかねそれで得したと思うけど、結局、損してると思う。

勝間さん:
中長期的には損になっている。

柳井さん:
損になっていると思います。
---------------------------------------

読んでいただいてありがとうございます。
応援よろしくです。
ランキング.gif
posted by まる at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

JTに聞く、マラウイのタバコ農園での児童労働


記事によると、
・マラウィ国内のタバコ農園で働く子どもたちは約7万8,000人。
 なかには5歳という幼い子どもも含まれる。

・皮膚を通して、1日に54ミリグラムもの溶解したニコチンを吸収、  深刻な健康被害を受けている。
 これは平均的なタバコ50本分に相当する量。

・プランの調査に答えた子どもたちは典型的な「緑タバコ病」やニコ  チン中毒の症状を訴えているとのこと。

・プランの人のコメント
 「この子どもたちは、1日に11ペンス(約16円)を得るのと引き換   えに、健康を損なっています。多国籍のタバコ企業は、こうし  た子どもたちから莫大な利益を得ており、もっと積極的にこ
  の問題に取組んで自らの責任を果たす必要があります


詳細はプランジャパンのプレスリリース(8/28)をご覧下さい。
タバコの葉摘みで身体を壊す子どもたち〜マラウィの調査報告〜

ちょっとこれは聞き捨てならない問題ですねー。
たばこの葉っぱの産地って今まで気にしたことがありませんでしたが、タバコのトレーサボリティも気にしていかないと。。

JTのホームページのアニュアルレポートによると2008年分で国内買い入れが3万8千トン、外国買い入れが7万3千トンでした。どこの国から輸入してるかは記載なし。JTの国内での販売シェアは65%。

ウイキペディアによると日本の紙タバコの生産量は2001年で世界4位だそうです。

葉タバコの生産では上位に入ってないけど、紙タバコの生産がけっこう上位なのでびっくりしました。輸入が大きいということですね。
そのぶん社会的責任も大きいかと思います。

まっとうにつくられたものを買い入れてくれなきゃ困ります、消費者が。。

ということで、マラウイの児童労働が関与した葉タバコを買ってないか、早速JTに質問のメールをしました。

回答を待ちたいと思いまーす。


応援よろしくです。
ランキング.gif

posted by まる at 19:31| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。