2012年05月30日

「ハーブを救うお買い物!?」の講座に参加しました!(後半)

またまた時間が経過してしまい、、とても恥ずかしいのですが、「ハーブを救うお買い物!?」イベントの後半の分の報告を書きます。。すみません。

前回の記事で書いた、前半では様々な環境や社会に配慮した商品を見つけるためのラベルや買い物の仕方のレクチャーがありました。

で、そういった商品をハーブやアロマでもっと広めていきたいと思った時に、「売れないと続けられない」という売る側の事情があります。

だから買うことで取り組みを後押ししたい。

そして、そこからもう一歩進んで、じゃあ売れる仕組みを企業やお店と作るには?私達はどういう商品なら、どういう情報があれば買いたいか?

という視点を清水さんから提示されて次のグループワークに入ります。

(このお客さんとお店で売れる仕組みを一緒に考えようじゃないか、という考え方、ポジティブで素敵ですよねぇ。こういうワクワクするようなお客さん参加型アクションいいなぁ!グッときました。)

グループワークのテーマは

・「私のお買い物3か条」
・「グリーンフラスコへの3提案ハーブをまもるグリーンフラスコ、こんなお店だったらいいな」

をチームごとに考えて発表しました。

二つのテーマとも、参加者のみなさん、真剣に取り組んでて、とても熱かったです。

グリーンフラスコのお店の方々も一緒に参加していたのですが、みなさんのいろんな意見を、受け止めてくださっていて、お店とお客さんの間にある信頼感みたいなものを感じました。

チームの発表で印象的だったコメントを紹介します。
「私のお買い物3か条」
・売る側の考えがわかる小さいお店で買う
・作った人の情報がわかる
・いらないものを断り、本当にほしいものを買う
・原材料をチェック、土に還るか
・マークの後ろにある企業の姿勢
・信頼できる人やお店で買う
・地元のものを買う
・作り手の顔が考え方がわかる商品
・活かせるものを買い、活かしきる

こんな感じなのですが、いろいろ深く考えてる方が多くて、そのこだわりにうなりました。

信頼できるお店や人から、売る側の考えがわかるところで買う」というのは、おそらく信頼できるお店や売る人、作る人とのつながりを、今までに築いているからこういうコメントが言えるんですよね。

信頼できるお店や人を見つければ、自分でそんなに細かくリサーチしなくて済むし、関係性をつくることで、売る側もよりちゃんとしたものを売ろうという意識にもなるような気がする。そうすると買う側からもますます信頼されるだろうし。いい仕組みですよね。

農産物だと顔の見える農家さんから買うというのはよくあるけれど、もっといろんなものに広げていけそう。

そういえば私にはこういう関係性、ほとんどない気がするのであせあせ(飛び散る汗)、そういう大人になりたいですね。信頼できるお店探し、しないと。

また、311以降、特に地元を応援しなきゃということで地元の野菜などを積極的に買うようにしてる、という方もいて、なるほどなぁと思いました。

311をきっかけに買い物する際の意識が変化した、というのはあるかもしれないですねー。震災後の応援消費も盛んでしたし。

つまり、自分の払ったお金がどこに行くのか、誰の応援になるのか、意識しながら買い物したりお金を使う人が増えてるような感じ、がなんだかします。どうでしょうか?^^

2ヶ月経って思い返してみても、学びの多いイベントでした。こういう講座もっと増えるといいな!余裕ができたら自分で企画してもいいし。

とりあえず、これからはもっと、参加したらすぐに書けるようにしないとー^^;

posted by まる at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。