2012年04月05日

禅寺のいただきます-「五観の偈(ごかんのげ)」

最近、心のこもったいただきますを広めようという「いただきますプロジェクト」というのに関わらせてもらっていたり、先日アップした記事(「いのち」を感じる屠殺ワークショップに参加してきた。)にも書いたのですが屠殺体験をするワークショップにも参加したりということで、「いただきます」についてよく考えます。

で、ずーっと前に見たお昼のドラマの中で、禅寺でこども座禅会を開催し、お坊さんが子供たちに食事をする前にとなえる「五観の偈」について説明をする場面があったのが無性に思い出されて。よく覚えてないのですが、単に「いただきます」というだけでなく長々とした解説があったような。その場面がとても印象的だったので、「五観の偈」がどういう教えだったのか、調べてみました。

まずウィキペディアで、中国から伝わったという「五観の偈」のもとの文が
一 計功多少 量彼来処 : 功の多少を計り彼(か)の来処(らいしょ)を量(はか)る。

二 忖己コ行 全缺應供 : 己が徳行(とくぎょう)の全欠を[と]忖(はか)って供(く)に応ず。

三 防心離過 貪等為宗 : 心を防ぎ過(とが)を離るることは貪等(とんとう)を宗(しゅう)とす。

四 正事良薬 為療形枯 : 正に良薬を事とすることは形枯(ぎょうこ)を療(りょう)ぜんが為なり。

五 為成道業 因受此食 : 成道(じょうどう)の為の故に今この食(じき)を受く。
出典:五観の偈 / ウィキペディア

と、とってもありがたい感じではあるのですが、これではよくわからないので、訳を探してみると、いろいろな訳がでてきました。

まず一つ目は臨済宗のお寺の法話で子供向けにわかりやすく簡略化された誓いの言葉。意訳っぽいですが、簡単な言葉で子供の心にすっと入りやすい感じですね。
『食事の五つの誓い』
 一つ、すべてのものに感謝してこの食事をいただきます。
 二つ、自分の日々の行いを反省してこの食事をいただきます。
 三つ、欲張ったり残したりしないでこの食事をいただきます。
 四つ、身体と心の健康のためにこの食事をいただきます。
 五つ、みんなが幸せになるためにこの食事をいただきます。
    合掌、いただきます。
             (山陰西教区学徒研修会資料より)
出典:食事作法 「あたりまえに感謝」/ 臨済宗妙心寺


最初のウィキペディアを紐解くとさらに詳しい解説がありました。二でなんで反省なのかというと、この食事を食べる資格があるかと省みるという意味だったのですね。三は好き嫌いはいけないよ、ということも含まれてるようですね。すっきり短い文でまとまっていてわかりやすいです。
一、この食事がどうしてできたかを考え、食事が調うまでの多くの人々の働きに感謝をいたします。

二、自分の行いが、この食を頂くに価するものであるかどうかを反省します。

三、心を正しく保ち、あやまった行いを避けるために、貪など三つの過ちを持たないことを誓います。

四、食とは良薬なのであり、身体をやしない、正しい健康を得るために頂くのです。

五、今この食事を頂くのは、己の道を成し遂げるためです。

「貪等」とは三種の煩悩である「貪・瞋・癡」のいわゆる「三毒」を指す。これらはそれぞれ「貪欲」「怒りや憎しみ」「無知や愚かさ」を意味し、食においては徒に美食や暴食する貪欲、心に沿わぬ食への嫌悪、食の意義や作法を弁えぬ愚昧を戒める。
出典:五観の偈 / ウィキペディア

次は曹洞宗のお坊さんのコラムで、(1)について「目の前の食べ物を生産した人々の苦労に思いを馳せ、また自分のもとへ運ばれてくるまでの経過や手間を想像し、」というところが、本当に想像できそうでいい文だなぁと思います。(3)のむさぼるというのは、つまり欲張るな、食い意地をはるな、ってことですかね。(5)はまさに仏教という感じが出てますね。
(1) 目の前の食べ物を生産した人々の苦労に思いを馳せ、また自分のもとへ運ばれてくるまでの経過や手間を想像し、無駄なく食すことが大切である。

(2) このようなありがたい食べ物を受ける資格が自分にあるのかどうか、己の行いを振り返る必要がある。

(3) 修行とは、心の汚れを清めることであり、つまりは貪瞋癡(とんじんち:貪り・怒り・愚かさ)の三毒を払いのけることである。 その3つの中でも食事に関わるのは貪(むさぼ)りなので、それを克服することが大切になる。

(4) 肉体を保持するための良薬と位置づけて、食事を頂く。

(5) 仏と同じ悟りに達するために、この食べ物を頂く。
出典:禅僧の台所〜オトナの精進料理〜 コラム(7) 食べる前に知っておきたい " 5つ " のこと/虚空山彼岸寺

最後は曹洞宗のお寺の副住職さんのお話のようなのですが、1から5までの解説がなめらかにつながっていて素敵です。「枯れた体を癒す」とか、原文の雰囲気がわかる表現でいいですね。5は良薬としての食事に癒されて元気になって「人間として正しい道を歩む」という表現も、仏教徒でなくても共感しやすくていいなと。
(前略)ではここで、次のような話を紹介させていただきます。それは、禅寺で僧侶が食事の前に唱える「五観の偈(ごかんのげ)」という言葉とその教えで、次のようなものです。

一つには、功の多少を計り、彼の来處を量る。
 (ひとつには、こうのたしょうをはかりかのらいしょをはかる)
二つには、己が徳行の全缺と忖って供に応ず。
 (ふたつには、おのれがとくぎょうのぜんけつとはかってくにおうず)
三つには、心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす。
 (みつには、しんをふせぎとがをはなるることはとんとうをしゅうとす)
四つには、正に良薬を事とするは形枯を療ぜんがためなり。
 (よつには、まさにりょうやくをこととするはぎょうこをりょうぜんがためなり)
五つには、成道の為の故に今この食を受く。
 (いつつには、じょうどうのためのゆえにいまこのじきをうく)

この食物がどれだけの苦労や手間を労してここにあるのかをよく考え感謝し、自分が果たしてこの食を得る資格があるのかを省みて、食事に対する貪りや怒り・愚痴(三毒)を捨てて好き嫌いなくいただくこと。

そして、これは枯れた体を癒す良薬であり、この食を摂ることによって即ち人間として正しい道を歩むことを誓います、という意味なのです。食事は正しい人への道のりだと。
出典:「五観の偈(ごかんのげ)」/ 曹洞宗 奕葉山 昌伝庵  副住職の「一口法話」

宗派による違いもあるようですが、いろいろな訳を見比べてみると、なんとなく、わかったような気になりますね。わかりやすいところを拾って理解してるというか。

ちなみに、はじめに書いたドラマで、私が覚えているのは、少し立派なお坊さんのお話で、米という字は八十八という字に分解できる。これは米の種をまいて、育てて、運んで、炊いて器に盛り、と私たちのところに来るまでに八十八の人の手がかかっているということだから感謝しなさい。そんなお話で、いいお話だなと思ったのでした。

個人的に「五観の偈(ごかんのげ)」についてですが、1、3については意識していましたが、2はあまり考えたことがなかったです。でも「働かざるは食うべからず」に近いような気もしますね。4は知識としてはあったけど、食べる時には考えてなかったですね。

5の発想はまったくなしでした。5が一番理解が難しいというか、いろいろな訳を見比べると深い感じがして面白いです。自分なりに解釈すると、ありがたく食事をいただいて、体と心を元気にして、世の中が少しでもよりよくなるように自分を生かします。よりよく生きます。という誓いなのかなぁとか。

さすが禅の教えで、とっても謙虚な考え方ですよねえ。
時々思い出してみてもいいかもしれないなと思います。

posted by まる at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

モスのW認証コーヒーに注目!

10月からモスバーガーのコーヒーの豆がレインフォレストアライアンス認証と有機JAS認定を取得したW認証の豆にリニューアルされたそうです。W認証すごいですね。

レインフォレストアライアンス認証のコーヒーっていうと森の中の木陰でコーヒーを栽培して熱帯雨林を保全するというイメージだったのですが、たまたまモスのコミュニティレポートを見ていたら「…健全な労働環境などの基準をクリアする…」と書いてあるのを発見!!

モスのWEBサイトにもこのように説明が書かれています。

環境と社会に、しっかり配慮。レインフォレストアライアンス

「野生動植物の保護」「水資源などの保全」「地域社会への配慮」「健全な労働条件」…など、熱帯雨林の保護、農園で働く人々に配慮して作られたコーヒー。たとえば、コーヒーを精製するときに出る水をきれいにしてから川に流したり、農園のオーナーは利益の一部を、学校や病院の建設にあてたりしています。

おーっすごいと思いながら、今度はレインフォレストアライアンスのWEBサイトのコーヒーのページを確認すると確かにそのようで、このように書かれています。。一部引用します。
レインフォレスト・アライアンス認証マークは、森林が保護され、河川、土壌、野生生物が保全され、労働者がきちんと待遇され、適正な賃金を支払われ、適切な設備が整えられ、教育や医療が受けられる農園で栽培されたコーヒーであることを保証しています。

これらの農園は、真の持続可能性への一つの道です。森林のコーヒー農園は、遥かカナダやアラスカから飛来する渡り鳥の休息地としても非常に重要です。森林伐採が激しい地域では、こうしたコーヒー農園が、用心深い鳥たちの唯一の避難場所であり、食料を得られる場所なのです。

WEBサイトの説明によると、森を伐採しないで保全しながらコーヒー豆を栽培すると、上記に引用したのような野生動物の居場所になるだけでなく、人間も燃料の薪や、建材、果実、薬用の植物などを森から得られるそうです。

環境だけでなく人間・社会にも配慮されたことを示す認証だったんですねー。まったく知りませんでした。レインフォレストアライアンスのカエルマーク、これから注目したいと思います。

フェアトレードの概念となんだか似てますよね。
フェアトレードの場合は労働者の人権がまず先にあって、かつ環境にも配慮したやり方をしてるという感じですね。レインフォレストアライアンスは環境保護が先にあって、人権にも配慮してるという感じでしょうかね。
どちらにしても環境と人権、両方揃ってサステナビリティ(持続可能性)が成り立つということなのかなと思います。

そいえば先日このモスのW認証コーヒーをカフェラテでいただきました。おいしかったです。

で、レインフォレストアライアンス認証といえば、以前ロッテからレインフォレストアライアンス認証を取得したカエルマーク付きの「エコチョコ フォレスタ」という名前のチョコレートが販売されてましたよね。

いつの間にか見かけなくなってしまったのですが、
働く人の労働条件に配慮したチョコレートだったってことですよね〜。
日本の大手の製菓メーカーでそんなこと初じゃないですか?
いや〜気づかなかったのですが、もっとアピールしてほしかったですね〜〜〜。惜しいです〜。

ロッテはメールの窓口なくて不便なんですが、ちょっと電話でもしてみようかと思います。「エコチョコ フォレスタ」はなんでもう売ってないのか、販売期間がはじめから決まってたのか、とか気になりますし。

それにしても今回大事なことを教えてくれたモスには感謝です。
W認証コーヒーずっと続けていってほしいですね。


応援よろしくです。
ランキング.gif
posted by まる at 01:48| Comment(6) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

キャドバリーがフェアトレードのチョコレート!

id_cadbury.jpg

菓子部門の大手グローバルブランドの(英)キャドバリーが、2009年夏の終わりまでに、ブランドの代表的な商品「キャドバリーデイリーミルク」というチョコレートにフェアトレード認証を取得する計画があることを発表しました。
ガーナ産のカカオで行われる取り組みのようです。

プレスリリース(2009/3/4)
Cadbury Dairy Milk commits to going Fairtrade

おぉ〜!!すごーい!大きな動きですね。やっぱりイギリス。

しかも看板商品だそうです。おもしろくなってきました。
イギリスとアイルランド向けの同商品のようですが、それでもきっとプレスリリースにあるように何千ものカカオ農家が利益を得られるのかもしれませんね。

キャドバリーは菓子メーカーとして、25カ国に生産拠点を持ち、200カ国以上で製品を販売しているグローバル企業で、日本ではおなじみのキャンディの「メントス」、「ホールズ」、ガムの「クロレッツ」、「リカルデント」が実はキャドバリーだったんですね。知らなかったです。。

チョコは輸入チョコを扱ってるお店なら売られてるようなので今度チェックしたいと思います。
フェアトレード認証つきのチョコが日本にも入ってくるかわかりませんが。。

日本の大手菓子メーカーにもぜひ考えてみてほしいですね〜。
必ずしもフェアトレードでなくてもいいのですが、
慈善ではなく商売として、消費者が環境や倫理面で安心して食べられる物を供給してほしい。。

最近日本でも企業と農業生産者のコラボ商品とかよくあるし、
アフリカは遠いですが、カカオで、チョコレート菓子で、そういう取り組みがあってもいいと思う。

こんな風に環境に配慮しながら、子ども達の笑顔の中、農家の人が大事に育てたカカオでこんな美味しいスペシャルな商品を作りました!その分お値段がちょっと張るけどよろしく!みたいなかんじで。寄付じゃなく、付加価値にもっていく、みたいな。どうでしょうかね〜??

国内でそういう売り方のお米で値段が価格に転嫁されてても消費者に支持されて売れてるところありましたよね〜。

お米はやっぱり日本の農家の方に作りつづけてもらわないと困るし、カカオは日本では作れないから、西アフリカのカカオ農家に貧困にあえぐことなく元気に持続的につくっていってもらいたいですしー。同じ理屈で売れないかなぁ。

市民からの思いを表明して、伝えて、選んで、ちょっとづつでも変化を起こす力にしていきたいです〜。


応援よろしくです。
ランキング.gif
posted by まる at 02:27| Comment(2) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

バレンタインの準備

PICT0904.JPG
職場でチョコを配ったことというのが、今まで機会がなく、とゆうか気恥ずかしくてやったことない私でしたが、
今年は初めて、会社でチョコをプレゼントしてみようかと思い準備しました。

チョコはもちろんフェアトレード。ピープルツリーのチョコです。
たまにお手伝いしてる知り合いのエコ雑貨カフェ、モモニコで協力してもらい、スウェーデンの新聞紙でくるんで、麻ひもを結んだだけ。

せっかくだからフェアトレードを知ってもらうため、チョコレボのリーフレットもダウンロードして印刷。チョコに添えて渡す予定。
準備万端。渡すの恥ずかしいんですが、、うまく渡せますように。


応援よろしくです。
ランキング.gif


posted by まる at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

新植民地主義!?世界の農地獲得競争

また12月のニュースですが、韓国が東アフリカのマダガスカルに、マダガスカルの耕地面積の半分を占める130万ha.の農地を99年間に渡って借り受け、とうもろこしを作り韓国に輸入する予定とのこと。

これが新植民地主義の台頭ではないかと波紋をよんでいるそうです。

[動画]新植民地主義の台頭 ニッポンの道は…
(2008年12月12日テレビ東京WBS)

実際、食料危機をうけて各国が途上国の農地に触手をのばしているんですね。日本は出遅れているようですが。



≪各国の政府や企業が海外に確保した農地≫
日本       32万4262 ヘクタール
韓国       230万6000
中国       209万796
UAE      128万128万2500
サウジアラビア  161万117

特に中国は世界中にいってますね。

もし国内の人間が食料が手に入らず困っていても、
海外の企業に買われた農場でつくられた食料がその国を通りぬけて海外に運ばれるということが起こるのではないか心配です。

しかも2008年は食糧価格の高騰で世界の飢餓人口が4000万人増えたそうです。



このままではさらに格差が広がりそうです。
短期的に利益をとろうとする投機マネーが食糧価格を理不尽に押し上げることがないよう規制してほしいです。


応援よろしくです。
ランキング.gif
posted by まる at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

水筒人気 百貨店に給茶スポットも

水筒が人気を集めている。のどが渇きやすい夏場だけでなく、秋以降も売れ行きが好調だ。消費者のゴミになるペットボトルを避ける環境意識の高まりが背景にあるようで、水筒にお茶を補給できる「給茶スポット」を設置する百貨店も登場している。

人気を受け、百貨店のシブヤ西武(東京)は10月下旬から、店内の飲食店3カ所に給茶スポットを設置。水筒を持参した人に有料でお茶を入れるサービスを始めた。

 日本茶の老舗「福寿園」による京都・由良川の源流の水を使用した冷茶や、中華料理店「代官山花壇 笑龍」の温かい漢方茶などがあり、価格は350ミリリットルまでで210―630円と少し高め。シブヤ西武は「味にこだわりがある人はぜひ飲んでほしい」(販売促進部)とPRしている。
(「環境配慮で水筒人気 百貨店に給茶スポットも」10/15日経エコロミー)

給茶スポットが年々増えてるようで、水筒持ちにはうれしい限りです。

きっと、水筒を持つ人が増えれば給茶スポットも増え、給茶スポットが増えて便利と思われれば水筒を持とうと思う人も増え、相乗効果ですねー。

出先でお茶屋さんの本格的なお茶を手軽な値段でマイボトルに充填してもらって持ち歩けたら、おトクでおいしくて、ゴミもでなくて、ほっとした気持ちになれそうです。

マイボトルでどこでもカフェ(給茶スポット一覧あり)

応援よろしくです。
ランキング.gif
posted by まる at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

食品ロスの削減―農水省が検討会設置

8月28日の記事「お肉減らせますか?まずは・・・」でも日本人が世界の食糧援助の量に匹敵するくらいの量の食べられる食料を捨てていることを書きましたが、農水省が動き出したようです。
確かに無駄に輸入するのをやめれば計算上自給率はあがりますね。

食べ残しを減らすのは私たちの意識向上、心がけが大事だとは思いますが、食べ残しが特に多いのは結婚式場や宴会と聞くので、習慣を変えるための、無駄にしない工夫とか、完食したら割引券がもらえるとか?いいしくみができないかなーと思います。

食料自給率の向上に向けた取り組みを進めている農林水産省は、食品の製造・流通・消費の各段階で発生する食品ロスの削減を図るため、このほど「食品ロスの削減に向けた検討会」を設置し、本格的な議論を開始した。食品廃棄物の排出量は年間約1,900万t(2005年度)とされているが、この中には本来食べられるにもかかわらず廃棄されている食品が多く含まれており、廃棄物の削減と食料の安定供給体制の確保の両面から、こうした「食品ロス」の改善が求められている。農林水産省の推計によると、食用に向けられる食品資源9,068万t(05年度推計値)のうち、5〜10%が食品ロスになっているという。

(2008/9/1環境新聞「食品ロスの削減へ本腰――農水省が検討会設置」)

応援よろしくです。
ランキング.gif
posted by まる at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。